2017y11m15d_010324422

会社に飼いならされて奴隷と化した社畜が異世界に転生し、特別な能力を手に入れたらどうなるのか。その顛末を描いた漫画がTwitterに投稿され、話題になっている。


漫画の主人公は、社畜を自認する平凡な会社員。長時間残業が続きボロボロの状態だった彼は、不注意から事故に遭い異世界に転生してしまう。そして、転生の特典として「あらゆる魔法を使える」というチートスキルを獲得。彼は、「社畜だったオレが異世界なら勇者になれるに違いない!」と新しい世界で新しいスタートを切る。


その半年後、勇者になっているはずの彼の仕事は酒場の皿洗い。最初は言葉の壁や装備品を買うための金策で始めたものだったが、お金が貯まっても皿洗いをやめようとしない。スキルも準備も整っているにも関わらず、彼は「怖いから」という理由で新天地に行くことから逃げ続けていた。

「劣悪だと分かっているのに今の環境に居続けている」と自覚し、「『強い』から『特殊能力』があるから勇者なんじゃないんだ 『勇気』があるから勇者なんだ」と気付きながらも、彼は異世界でも社畜として過ごしてしまう。


以下、全文を読む

<この記事への反応>

救いが無さすぎるよぉ…

結局は現実だろうと異世界だろうと、一歩踏み出す勇気が大切なのよね。。。

イタいイタいイタいイタい...(T^T)

なるほどなぁという漫画でした( ゚д゚)

胸が痛い結末ですね。゚(゚´ω`゚)゚。